わきがのニオイに効果的な入浴方法

 

わきがのニオイを軽減するために、お風呂に入って、カラダを清潔の保つことは常識ですが、ちょっとしたことに気を配るだけで、わきがの改善に効果を発揮する方法があります。

 

まず、夜の入浴は、シャワーだけではなく、じっくりとお湯に浸かることです。お湯にじっくりと浸かり、汗をかくことによって、老廃棄物が排出され、汗腺に詰まった皮脂や汚れ、ニオイの原因菌も取り除くことができます。

 

ここまでは、実行している人も多いのではと思いますが、わきがに効果的な入浴法はもう1つ「朝シャワー」

 

そして、ここで大事なポイントが「41℃のお湯で1分間の朝シャワーを浴びること」

 

少し前に「世界一受けたい授業」の「たった1度で大違い!最新入浴法」で紹介された方法で、一時期話題になりました。

 

実験で体臭を測定した結果
朝起き抜けのシャワー前=53
41℃の朝シャワー=直後15/夕方34
37℃の朝シャワー=直後29/夕方44
朝シャワーなし=夕方87

 

41℃で1分間の朝シャワーがいちばんニオイを抑えています。

 

温度に気を配るだけで、これだけニオイを抑える効果が違ってきます。

 

人間は就寝中にコップ1杯の汗をかくと言われていますが、この寝汗が、酸化するとニオイの原因となってしまいます。せっかく、夜じっくりとお湯に浸かり汗をかいて老廃棄物を排出しても、意味がなくなるわけです。

 

まとめ
夜:ゆっくりとお湯に浸かる
→わきがクリームをぬる
朝:41℃で1分間シャワー
→わきがクリームをぬる

 

朝のシャワーをちょっと一工夫するだけで、これだけの効果が得られるわけです。こんなに簡単な方法なら試さなくちゃ損ですよね。あとは、わきがクリームを組み合わせてニオイを軽減しましょう。

 

>>オススメのワキガクリーム