パラフェノールスルホン酸亜鉛とは

パラフェノールスルホン酸亜鉛とは、多くのわきがクリームに配合されている代表的な有効成分の1つです。クリアネオやノアンデにも、有効成分として配合されています。

 

 

パラフェノールスルホン酸亜鉛はわきが臭の原因「汗」を抑える

パラフェノールスルホン酸亜鉛には収れん作用があります。

 

収れん作用とは、汗や皮膚に含まれるたんぱく質と反応することによって、血管や組織を凝固させる作用で、汗の分泌を抑えたり、肌を引き締める効果が期待できます。わかりやすくいうと、毛穴や汗腺をパラフェノールスルホン酸亜鉛によって固めたたんぱく質で蓋をして、汗の分泌量を抑えるのです。

 

制汗剤のほかに、化粧品にも配合されています。毛穴を引き締め、余分な皮脂の分泌を抑える収れん化粧水や殺菌消毒作用があるためニキビ用化粧水などに使われています。

 

制汗効果はあっても、消臭効果はないのでは?

 

その通りなのですが、そもそもわきが臭の原因は汗と雑菌です。汗を抑えることは、ニオイの発生を防ぐ上で大事なポイントになります。

 

また、大量の汗をかくと、せっかくのデオドラント剤が流れて、効果が長続きしません。ですから、汗っかきの人は、パラフェノールスルホン酸亜鉛の入ったデオドラント剤を選ぶことが大切です。

 

わきが臭をしっかりと抑えようと考えるなら、制汗効果のあるパラフェノールスルホン酸亜鉛と殺菌効果のあるイソプロピルメチルフェノールの両方が配合されたデオドラント剤を選ぶことが重要です。

 

では、実際にパラフェノールスルホン酸亜鉛入りにデオドラント剤を使ってみると、やはり汗が適度に抑えられます。付けた瞬間に汗が全くでなくなるわけではありませんが、継続して使い続けることによって、成分が徐々に浸透して、余分な汗をかかなくなってきます。

 

ただし、使い続けても汗が完璧に出なくなることはありません。汗をかくことは人間のカラダにとって必要な機能ですから。あくまでも、余計な汗を減らす作用があるのです。

パラフェノールスルホン酸亜鉛の副作用や毒性は?

高濃度のパラフェノールスルホン酸亜鉛を使えば、肌への悪影響は出る可能性はありますが、パラフェノールスルホン酸亜鉛自体は基本的には毒性が低い成分なので、厚生労働省が定めた配合量を守っている製品ならば、ほぼ問題なく使えます。

 

実際に私自身も、パラフェノールスルホン酸亜鉛配合のわきがクリームを、ほぼ毎日塗っていますが、刺激や肌トラブルはありません。むしろ、汗をかく量が減って、快適に過ごしています。

 

パラフェノールスルホン酸亜鉛とイソプロピルメチルフェノール配合した人気のわきがクリームはこちらで紹介しています。