わきがは冬でも臭う!その理由と対策

 

わきがというと夏の方がニオイがひどくなるようなイメージがありますが、実は冬も決して油断はできない季節なのです。冬わきがという言葉もある通り、冬は夏とは違った理由でわきがのニオイがきつくなる季節です。

 

冬は厚着になるため
夏は薄着なので、わきがのニオイも洋服に籠ることなく、少しづつ体外に出ていきます。ところが、厚着で保温性の高い洋服を着こむ冬は、わきがのニオイも洋服の内側に籠りやすくなります。そのために、ニオイが濃くなり、きつく感じるのです。

 

冬は意外と汗をかきやすい
寒い→体温下げないために基礎代謝がアップ→ちょっとしたことでもすぐに汗をかく

 

このように、冬は意外と汗をかきやすい上に、洋服を重ね着するために、わきがのニオイがきつくなります。

 

また、夏は、1日着れた洋服はたいてい洗濯しますが、冬は、セーターやコートなどは頻繁には洗濯しないため、わきがのニオイが染みつきやすくなり、ニオイの原因になってしまいます。

 

冬の食生活はわきがのニオイをきつくする
冬は身体を温めようとするために、発汗を促す食材をとりがちです。肉や辛い料理、熱い料理は身体を温め、発汗を促しますが、その分、わきがのニオイもきつくしてしまいます。また、年末年始の忘年会や新年会のシーズンは飲酒の機会も増え、ニオイの原因になります。

 

冬わきが!汗とニオイ対策

汗を拭く
汗をかいたと思ったら、可能な限り、汗をふき取ります。雑菌も一緒にふき取れる汗ふきシートが適しています。

 

お風呂で汗をかく
冬は汗腺の働きが鈍る上に、汗をかく機会も減ります。お風呂や運動でももちろんいいのですが、汗をしっかりかき、感染の働きを活発化することによって、ニオイのないさらっとした汗に変えることができます。

 

通気性のよい下着を選ぶ
厚着がわきがのニオイの原因なるとはいっても、冬に厚着をするのは当然のこと。せめて、肌に直接触れる下着だけでも、通気性のいいものを身に付けましょう。

 

足のニオイにも気を配る
足の裏は汗腺が集中している部位です。しかも、女性はストッキングやブーツで蒸れて、雑菌が繁殖しやすく、ニオイが発生しやすいのです。お風呂上りには、しっかりとすいぶんをふき取って、制汗剤を塗りましょう。また、靴やブーツは毎日同じものを履かず、ローテーションして履くようにしましょう。