わきがの診察は何科?

わきがで悩んでいます。

 

専門医に診てもらいたいのですが、何科に行けばいいのかわかりません。

 

必要なら手術も考えていますが、美容外科に行って、いきなり手術を勧められるも怖いし・・・

 


わきがの診察は、「病院」または「クリニック」の皮膚科・形成外科・美容外科・美容形成外科になります。病院やクリニック、受診する科によって、治療方針はそれぞれ違いがあります。

 

皮膚科

わきがの診断だけをしてもらいたい場合は、皮膚科が手軽です。

 

通常、問診後に、脇の下にガーゼやティッシュをはさんで数分後に、お医者さんにガーゼのニオイを嗅いでもらい診断してもらいます。

 

もしわきがと診断されたら

 

軽度なら内的な治療

→内服薬・外用薬が処方されます。

 

「臭化プロバンテリン(プロバンサイン)」が代表的な内服薬です。

 

保険が適用される薬で、汗を抑える作用があります。ただし、口や目の乾き、眠気や便秘などの副作用があり、継続的な服用はよくないといわれています。

 

外用薬の代表的なものは「塩化アルミニウム」です。

 

制汗と殺菌効果があり、わきがのニオイを抑える効果もあります。長期間塗り続けることによって、汗腺を委縮させ、汗を減らす効果があることもわかっています。

 

副作用として、かゆみや炎症などを起こす場合があります。

 

近所の皮膚科を受診する場合は、前もって電話でわきがの診断や薬の処方について問い合わせた方が確実です。

 

わきがの診断に慣れてない医師の場合もありますから。

 

重度なら外的な治療

→ボトックス注射・手術

 

重度のわきがと診断された場合、ボトックス注射や、形成外科・美容外科での手術を勧められます。

 

形成外科と美容外科との大きな違いは、保険の適用があるかどうかです。

 

一般的に、大学病院などの形成外科での手術は保険が適用され、美容外科では自由診療になります。(すべてに当てはまるわけではありません)

 

形成外科

形成外科では、主に剪除法という保険が適用される手術になります。

 

手術費用は、3万〜5万円

 

わきを切り、アポクリン汗腺を取ります。医師が目視で確認しながら取り除くので、最も効果が高いといわれていますが、取り残しがあると、完全にニオイはなくなりません。

 

医師の技術によって結果が左右されるため、わきが治療や手術の評判について調べてから受診したほうがいいでしょう。

 

美容外科・美容形成外科

美容外科や美容形成外科があるクリニックでは、手術やレーザー治療、ボトックス治療などが行われます。

 

わきが専門のクリニックもあり、診断から治療までがスムースに進むというメリットがあります。

 

はっきりとわきがの自覚があって、手術を希望している場合には、クリニックがオススメです。

 

保険の適用ですが、保険医療指定機関であれば、保険診療が可能となっていますが、治療法によっては保険が適用されない場合もあります。

 

また、クリニックによっては自由診療のみというところもあるので、事前に確認しておきましょう。

 

参考までに料金は

手術 保険適用料金~30万円前後
ボトックス治療 約5万円〜10万円前後
ミラドライ 約30万〜40万円前後

 

すそわきがの診察は何科?

すそわきがの診察は、婦人科または産婦人科がオススメです。

 

デリケートゾーンからのニオイは、「おりもの」や「性病」など別の病気が隠れている場合があるからです。

 

婦人科や産婦人科で「すそわきが」と診断されたら、皮膚科・形成外科・美容外科・美容形成外科での治療に進みます。

 

先ほども述べたように、皮膚科なら内服薬か外用薬の治療になります。メスをいれたくない人にオススメです。

 

手術でわきがを完治させたいなら、形成外科または美容外科になりますが、、形成外科の場合は、わきがを専門にしていないので、傷後が残ったりするデメリットがあります。

 

オススメは、美容外科・美容形成外科の専門のクリニックで、すそわきが治療を行っているところです。

 

わきがの症状に合わせた治療法があり、その人にあう治療法を提案してもらえます。ただし、ほとんどが自由診療になるので、高額の費用がかかるデメリットがあります。

 

婦人科で診断後、美容外科に行くというのが面倒な人は、クリニックをオススメします。

 

専門のクリニックでは、無料のメール相談を実施しているところもあるので、まずはメール相談をしてから、受診を決める方法もあります。

 

病院とクリニックの違い

わきがの治療法について調べたときに、病院とクリニックって何が違うの?という疑問がわいてきました。

 

クリニックというと、美容形成外科や美容外科のあるところくらいのイメージしか持っていませんでしたが、実は、病院とクリニックは、法律によってその違いをはっきりと定められていました。

 

簡単に言うと

 

病院は、入院患者のベッド数が20以上ある規模の病院

 

,b>クリニックは、ベッド数が0〜19以下ものを指します。

 

医院や診療所もクリニックと同じく0〜19以下のベッド数になります。

 

診療費については、病院だから安いとかクリニックは高いということはないようです。

 

ただ、クリニックでのわきが治療は自由診療になることが多いために、高くなります。

 

病院の皮膚科や形成外科は、保険が適用される治療が主なので、費用を抑えることができます。

 

わきがの診察で選ぶべき科

結局、どこに行けばいいの?ということでまとめると

皮膚科

・わきがの診断だけ受けたい
・内服薬や外用薬による内的治療を希望する人向け

形成外科 ・保険適用の手術を受けたい人向け

美容外科
美容形成外科

・傷跡が残らない手術を受けたい
・すそわきがの診断と治療を受けたい
・保険が適用されない治療でもOKの人

 

このように分けることができますが、手術で傷跡が残るのがイヤ

 

治療に高額な費用をかけることができない

 

皮膚科で軽度のわきがと診断された

 

こうした場合には、わきがクリームでのケアという方法があります。

 

わきがクリームのメリットは、手軽に誰にも知られずケアできる点です。

 

人気のわきがクリーム最新情報を知りたい方はこちら